大阪市・守口・門真・寝屋川・摂津・吹田・茨木を中心とした雨漏り改修工事専門の町の防水屋さん|知っ得?業界ウラ

お問合せ・メールフォーム

点検サービス承ります

知っ得?業界ウラ

それって適正料金?

個人のお客様にとって、リフォームや改修工事をする機会って、そう多くはなくどのくらいが適正料金か知らない方のほうが、多いのではないでしょうか?
まず知っててもらいたい事実は、あきらかにお客様の足元をみた見積りをしている業者が現に存在するという事です。
どういう事かと申しますと、お客様の知識、予算、身なり、会話などから、このくらいまでならお金をだしてくれると見積りを出してくるということです。
そういった業者の大半が、相見積もりをしたとたんに見積り金額をグンッっと下げて来ます。
こんな業者は絶対にろくな工事をしませんので、まずやめておきましょう。
真っ当な業者さんというのは、この金額でなら適正な工事が出来て、尚且つ会社にもどのくらいの利益が残るかをちゃんとわかっていますので、施工単価なども確定的に決まっています。
そういった業者さんは、なかなか相見積もりをしたところで金額をあまり下げません。というよりこれ以上金額を下げると、まともな工事が出来ない事を知っているのです。
私たちプロ同士で会話をすると素人か玄人かの判断はすぐにつきますが、これをお客様が見抜けるかといいますと、工事関係者ならまだしも一般のお客様にはなかなか判断がつかないと思います。
また、営業だけで施工自体は、下請け業者へ丸なげの業者など、こういった場合には中間マージン20%程度の工事とは何ら関係のないお金が取られている事を知っておいて下さい。
お家全体のリフォームや建替えなどの場合には、ハウスメーカーや町の工務店さんなどに依頼する事で特殊器具の発注や他業種への知識や依頼など、手間が省けオススメします。
それ以外の工事、例えば弊社なら防水工事部と塗装工事部・シーリング工事部がすべて自社施工となりますので、無駄な中間コストがかかりません。
インターネットが主流となる以前でしたら、お客様が個別に業者に直接依頼すると行ったこと事があまり出来ませんでしたが、現在ではインターネットを通じ、お客様自身で市場調査から評判なども、確認出来る時代となりました。

お客様が適正料金でまともな工事をするための5つのススメ。

  • @インターネットで市場の調査をし、施工価格を掲載している業者を探す。
  • A自社施工を基本としている業者を探す。(中間コストをなくす為)
  • B最低3つは、相見積もりをする。
  • C一式金額の見積りを避け、どの部分にどのくらい費用がかかるかを項目別にちゃんと見積りに記載した業者にする。(下請け丸なげ業者か自社施工業者かを見抜くため)
  • D自社施工かどうかを確認する。

手抜き工事が起こってしまう仕組みとは?

一言で手抜き工事といってもどういう事が手抜き工事となるのか?また、どういった時に手抜き工事が起こってしまうのか?
手抜き工事とは、読んだ字の如く手を抜く工事である事は間違えありませんが、実際工事現場では、さまざまなパターンの手抜き工事が行われている事があります。
正直にいいますと、私どもも手抜き工事をせざるをえない状況に陥った事例が何度かあります。
うちは大手ハウスメーカーだから大丈夫、知り合いの工務店だから、紹介の業者だから…こういった場合でも実際、工事現場では手抜き工事が行われている事が現状であると懸念します。
最初に言っていた工法とは違う工法手順で行う工事や、短期工事の場合に起こる手抜き工事、安すぎる工事代金の場合に起こる手抜き工事、流通の仕組みからなされてしまう手抜き工事などなど様々な場面で起こりうるのが手抜き工事なのです。
では、実際には手抜き工事はいったい誰がさせてしまっているのでしょうか?
職人さんでしょうか?それとも工事を請けた業者の担当者でしょうか?請負会社の社長でしょうか?
基本的に職人さんというものは、純粋に良いものを提供したいと思っている人にランキングをつけるとすれば、私は1位だと思います。
実際工事を行うのも職人さんですし(私も職人として工事をしております(笑))、お客様と一番近い存在でもありますのでお客様に喜んでもらいたい・ありがとうって言ってもらいたいと思うものなのです。
ですが、実際工事をしているのは職人さんな訳で、やはり手抜き工事をしているのも職人さんでしょう?と思われる方が多いかと思いますが…
では誰が…?
職人が、その会社の社長が、その元請けの担当が手抜き工事をさせている、そういった事ではなく、もっとシンプルな、もっと根っこの部分に問題があるわけです。

ここで大切なことが上記に記載した『それって適正価格?』と大きく関わってくるのです。
どういう事かと申しますと…
工事の請負の仕組みに問題があるということです。
(例)

  • @ハウスメーカー→工務店→1次業者→2次業者→3次業者
  • Aリフォーム会社→工務店→1次業者→2次業者
  • B業者→1次業者→2次業者→3次業者
  • C不動産→工務店→業者
  • D工務店→業者
                       ※ここでいう業者はすべて同じ業種です。

などなど、お客様のお家が雨漏りで、自社施工の業者に依頼しない限りこういった仕組みになる事が大半です。

Dの(工務店→業者)の場合、お家全体のリフォームなど、お家の事を包括的に見れる立場にあるのは、やはり工務店さんですので場合によりますが、この時代雨漏りだけ直すなど一つの工事などに絞った場合、お客様自信がインターネットやタウンページなどを通じ、業者に直接依頼するのが、一番適正価格で高品質なサービスが受けられる仕組みであると言い切れます。

 例の@〜Dの請負金額のスタートが100万円で利益を各会社が20%づつ取っていくとしますと、
100万円→80万円→64万円→51万円と業者を介せば介するほど、工事金額が目減りし、施工店の請負金額が51万円まで下がります。
51万円で100万円の工事が受けれるかというと、答えはNOです。
 それどころか51万円に見合う工事しか実際には行ってもらえないのです。
ですから、お客様が工事代金100万円を依頼した業者(自社施工でない)にお支払したところで、それだけの工事はしてもらえない事を知っておいて下さい。
 残念ながら、お客様からみて施工店って何番目?など知ることはできません。
これが現実として手抜き工事を引き起こしてしまっている仕組みです。

 逆に@の3次業者の請負金額が適正価格の100万円だとすると、お客様がハウスメーカーに支払う金額は200万円程度になります。
これって適正?...
 最終的に適正金額を大幅に下回った金額で、施工する事になり手抜き工事(材料代を減らす為・工期を減らす為・人件費を減らす為)になるのです。

 ですから、手抜き工事を防ぎ尚且つ、適正な価格で施工を依頼するためにお客様自身が出来る事は、自社施工の業者を自ら探すということに尽きます。


防水や塗装工事が火災保険適用ってホント?

 インターネットで雨漏りや防水工事などのホームページを見ていると、結構よくみられる火災保険で雨漏りを無料で施工します!というページがありますが、いかにも如何わしい匂いがプンプンのページです。
雨漏りと火災保険の支払いの結論を先に言いますと保険金は支払われ...ません!!
 同じ雨でも原因が水害の場合、支払い基準はありますが、火災保険の支払い対象です(住宅火災保険、普通火災保険、団地保険は補償対象外。2010年の保険商品改定でこれらの取り扱いを止めた損保が多いのです)。
 雨漏りの定義とは、「風、雨、雹もしくは砂塵(砂埃など)の吹込み、これらのものの漏入による損害」が火災保険の支払い対象になっていません。
雨漏りや吹き込み自体、建物の老朽による原因であることが多く、事故性が確立しません。
 つまり予測されうる損害ということになりますので、通常これを火災保険で修復することはできないということです。
 また、戸建てで陸屋根の場合、定期的に防水工事を行わないと雨漏りや吹き込みなどは自然に発生しやすくなります。
 ですから、そういった事故性のない雨漏りや吹き込みに対して、損保はお金を出しませんよ。というのが2010年における商品改定ということです。
 つまり、現在でもインターネットで、あたかも工事が無料で出来るとうたっている業者はお客様を取り込むための、営業手法に過ぎないということです。
また、大げさな保険申請書類の捏造などは詐欺的要素を多く含むため、業者に進められても絶対にしてはいけません。

そういう業者というのは、お客様だけでなく常日ごろから、他のお客様にもそういう事をしていますので、お客様のときには警察沙汰にならなくても、どれか一つひかかればお客様も同犯の罪に問われる事にもなりかねません 。

  • ページトップ